オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
乳児の検診

乳がんを患う人が増加しています。
昔と比べてその患者数は年々増え続け、年間に1万人以上の人たちが命を失っています。
これらの原因として、食生活の変化や未婚者の増加などがあります。
食生活の変化では、欧米化の食事が多くなったことで脂肪による女性ホルモンの増加が原因となっています。
また未婚者や高齢出産の増加などで、長い間生理がある状態が乳がんの発症を高めているのです。
乳がんは20~30歳代で患う人もいますが、40歳以上で多く見られています。
乳がんの症状として、乳房のしこりや皮膚の色の変化などがあります。
痛みを感じないことも多く、発見しにくいのが特徴です。
そのため、発見が遅れて手遅れになってしまうケースもあるのです。
乳がんの治療としては、乳房に腫瘍がある場合はその部分を切除することになります。
しかしこれらの治療で、乳房を片方または両方失う人も多くいます。
女性のシンボルである乳房を失うことは、精神的にも大きなダメージとなります。
このような負担を避けるためにも、定期的な検診を受ける必要があります。
日本では40歳以上の人に対して、検診項目の1つとして医療機関で行われています。
男性でも乳がんを患う人がいるので、男性も検診を受けることは可能です。
1年に1回は検診を受けるように、医療機関以外でも国や自治体の方で呼びかけています。
この検診により早期発見となった場合は、症状もまだ軽くすぐに治療が受けられます。
そのため転移も見られないので、大きな手術をしなくて済みます。
なおかつ命の危険を防ぐことができるので、これらの健診は女性としてとても大切なことなのです。